produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

「大雨警報」が発表された時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

13.03.11

テレビやラジオを聞いている時に、「大雨警報」という言葉を耳にする時がありますが、実際に自分の住んでいる地域で「大雨警報」が発表された時はどんなことに注意し、またどのように対処すればいいのでしょうか?

洪水や浸水、土砂災害に発展しないか、次の情報に注意を払いましょう

■「大雨警報」が発表された際に注意すること
・洪水や土砂災害につながる危険があるため、河川や崖地には近づかない。
・地下街やアンダーパス(地下へ潜る立体交差)は通行しないか、注意を払う。
・停電や断水に備えて、懐中電灯やラジオの用意、風呂への水張りなどをする。
・「はん濫情報(洪水予報)」や「土砂災害警戒情報」が続けて出ないか情報を集める。
・ゲリラ豪雨による大雨警報の場合、雷・竜巻・雹(ひょう)にも警戒する。

■「大雨警報」の内容と、発表時の対処方法
大雨により、重大な災害が生じる可能性があると予想された際に発表されるのが「大雨警報」です。大雨により浸水被害が生じる可能性がある際には「大雨警報(浸水害)」という発表が、土砂災害が生じる可能性がある際には「大雨警報(土砂災害)」という発表がされますので、これら付加情報がついている場合には特に注意が必要です。

大雨により土砂災害が生じると、送電線が切れて停電が起こることがありますので、懐中電灯やラジオを手元に用意しましょう。また下水の逆流が生じることもありますので、排水溝をふさぐフタ(水を入れて重くしたビニール袋でも良い)を用意しておくと安心です。

「大雨警報」は、状況が悪化すると追加の発表がされます。特定の河川ではん濫の危険が高まると「はん濫情報(洪水予報)」が、数年に1度レベルの猛烈な雨が観測されると「記録的短時間大雨情報」が、総雨量が増大して土砂災害の危険性が高まると「土砂災害警戒情報」が発表されます。いずれも市町村単位で発表されるため、洪水や土砂災害の危険がある地域に住んでいる場合は、避難の準備、または避難の開始が必要です。

■「大雨特別警報」について
「大雨警報」が発表された後も雨が降り続き、50年に1度の降雨量となる大雨が、都道府県レベルまで広がり、また今後も雨が降り続けると予想される場合、「大雨特別警報」が発表されます。これは重大な災害の恐れが高まっていることを示します。

「大雨特別警報」が発表された際には、直ちに避難を開始したり、すでに移動が困難な場合は自宅の2Fへ移動したりするなど、命を守るための最善の行動をとりましょう。

防災アドバイザー 高荷智也> 執筆記事一覧

身近な危機に対応できる、暮らしの備え・防災をお伝えします。

「備え・防災は日本のライフスタイル。」世界有数の災害大国日本において、私たちの身近に潜むリスクに対処するためには、生活の中に備え・防災を取り込む必要があります。個人と家庭の視点で、暮らしの備えをご案内します。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

この記事に関連するタグ