特約火災保険
勤労者財産形成融資住宅特約火災保険

特約火災保険

構造級別とはどのようなものでしょうか?
特約火災保険は、建物の構造によって「構造級別」が定められており、これに応じて保険料率が決定し、保険金額に保険料率を乗じることにより保険料が確定します。構造級別は、住宅物件とそれ以外で以下のとおり区分されており、A構造または特級は保険料率が低く、C構造または3級は保険料率が高くなります。
保険料水準住宅物件
一般物件工場物件など代表例
低い

高い
A構造特級鉄筋コンクリート造
1級鉄骨造(耐火被覆)
B構造2級鉄骨造
C'構造
(省令準耐火構造)
3'級
(省令準耐火構造)
一部の2×4住宅
C構造3級上記以外
住宅物件(1)独立住宅(一戸建住宅)
(2)長屋造建物*
(3)共同住宅*
*各戸室のすべてが単に住居のみに使用されているもの
一般物件店舗・事務所併用住宅など
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。