個人用火災総合保険『THE すまいの保険』
地震保険

地震保険について

地震保険の対象となるもの(地震保険の補償の対象)とは何ですか?

地震保険の対象となるのは、以下の建物と家財です。

建物

住居のみに使用される建物および併用住宅をいいます。ただし、建物に損害がなく、門、塀、垣のみに損害があった場合は、保険金のお支払いの対象とはなりません。



家財

居住用建物(物置、車庫、その他の付属建物を含みます)に収容されている家財一式。ただし、以下の保険の対象に含まれないものを除きます。

※建物と家財のそれぞれでご契約いただく必要があります。
 例えば、火災保険の保険の対象が建物のみの場合、建物に収容されている家財に損害が生じても、家財に対する保険金は支払われません。



地震保険の対象に含まれないもの

家財であっても以下のものは補償の対象に含まれません。(火災保険で保険の対象に含める場合であっても、地震保険では保険の対象に含まれません。)

・通貨、有価証券、預貯金証書、印紙、切手その他これらに類するもの
・自動車(自動三輪車および自動二輪車を含み、総排気量が125cc以下の原動機付自転車を除きます。)
・1個(または1組)の価額が30万円を超える貴金属、宝石や書画、彫刻物などの美術品(明記物件)
・稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに類するもの(明記物件)

この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。