個人用火災総合保険『THE すまいの保険』
商品・補償内容

補償内容・範囲

保険の対象となる家財とはどのようなものがありますか?
保険の対象となる家財とは、日本国内に所在する保険証券記載の建物に収容されている被保険者が所有する家財をいいます。
(例:衣類・電化製品・家具など)
なお、家財を保険の対象とされた場合でも、以下の場合には注意が必要です。

<お申し込み時にご申告していただき、保険証券に明記しないと保険の対象とならないもの>
・貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董(こっとう)、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるもの
・稿本(本などの原稿)、設計書、図案、雛型(ひながた)、鋳型(いがた)、木型、紙型、模型、証書、帳簿その他これらに類する物


<家財一式には含まれないもの>
・自動車、自動三輪車および自動二輪車(総排気量が125cc以下の原動機付自転車は家財一式に含みます。)
・通貨等(通貨および小切手をいいます。)、有価証券、預貯金証書、印紙、切手、乗車券等(定期券は家財一式に含みます。)その他これらに類する物
ただし、家財一式を保険の対象とし、盗難による盗取・損傷・汚損に対する補償を選択している場合で、生活用の通貨等、預貯金証書、印紙、切手、乗車券等(小切手以外の有価証券およびその他これらに類するものを除きます。)は、盗難による損害が生じた場合にかぎり、それらを保険の対象として取扱います。
・商品・製品等
・業務用の什器(じゅうき)・備品
・テープ、カード、ディスク、ドラム等のコンピュータ用の記録媒体に記録されているプログラム、データその他これらに類する物
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。