個人用火災総合保険『THE すまいの保険』
商品・補償内容

火災保険について

複数契約がある場合、保険金は合計して全額支払われますか?
それぞれのご契約内容により異なります。
全額支払われないケースもありますので、ご注意ください。火災保険は評価額と保険金額の関係によって支払われる保険金の額が決まります。
例えば、建物の協定再調達価額(*1)が3,000万円で、損保ジャパン日本興亜で保険金額1,500万円、他社で保険金額1,500万円と2契約に分けて契約されている場合に、建物が全損したときは2契約合わせて3,000万円支払われます。
しかし、協定再調達価額が3,000万円で、損保ジャパン日本興亜で保険金額2,000万円と他社で保険金額1,500万円の2契約をされている場合は、2契約合わせても3,000万円しか支払われません。
また、各保険会社の保険内容によっては、事故時の時価(*2)でのお支払いとなり、さらに保険金の額が少なくなる可能性もあります。

※自己負担額によって支払われる保険金の金額が異なる場合があります。

(*1)
協定再調達価額とは、建物について、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額を基準として、損保ジャパン日本興亜と保険契約者または被保険者との間で評価し、協定した額で、保険証券に記載した額をいいます。

(*2)
時価とは、新価から使用による消耗および経過年数などに応じた減価額を控除した額をいいます。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。