その他商品
各種手続き

控除証明書について

地震保険料控除と長期損害保険料控除(経過措置)の控除証明書がある場合は、どちらかひとつしか申告できないのですか?
いいえ、別々のご契約であれば、どちらも申告することができます。

複数契約があれば、合算することもできます。

ただし、「ひとつの契約」で「地震保険料控除」と「長期損害保険料控除(経過措置)」の両方が表示されている契約は、いずれか一方のみを選択(任意に選択できます)して控除額を算出します。

なお、申告区分ごとに控除額の上限があります。

控除額の上限は、「実際の控除額および控除限度額について」をご覧ください。

■関連ページ:
実際の控除額および控除限度額について
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。