その他商品
THE みらいの積立保険 現在、販売しておりません。

ご契約条件・保険料

保険料の払込期間中に保険料が払えなくなったらどうなりますか?
保険始期日により、お取扱いが異なります。

<平成27年9月30日以前の保険始期日のご契約>
以下2つの方法で、ご契約を続ける方法があります。
ただし、いずれの方法も利用できない場合がありますので、ご了承ください。

①「保険料の自動振替貸付制度」を利用する方法
保険料払込猶予期間内(*1)に保険料を払込みいただけなかった場合、ご契約者からあらかじめ反対の申し出がない限り、すでに払込みいただいた保険料の一定の範囲内で、未払込保険料相当額を自動的にご契約者に貸し付け、保険料に充当します。これを保険料の振替貸付といいます。 なお、貸し付けた金額に対しての利息をいただきます。
※「保険料の振替貸付不適用に関する特約」をセットしている場合を除きます。

(*1)保険料払込期日の属する月の翌月末日をいいます。

②基本給付金額を減額し、保険料を減額する方法

<平成27年10月1日以降の保険始期日のご契約>
基本給付金額を減額し、保険料を減額してご契約を継続する方法があります。ただし、利用できない場合がありますのでご了承ください。

なお、保険料払込猶予期間内(*2)に保険料を払込みいただけなかった場合、保険料猶予期間の満了日の翌日から、保険契約は効力を失います(ご契約の存続ができません。)。
※「保険料の振替貸付不適用に関する特約」がすべての契約に自動セットされている為、すでに払込みいただいた保険料からの振替貸付は適用されません。

(*2)ご契約者に故意等がないかぎり、保険料払込期日の属する月の翌々月25日をいいます。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。