その他商品
THE すまいの積立保険

商品・補償内容

『地震保険』と、『THE すまいの積立保険』の「地震火災費用保険金」、「地震火災特約(地震火災30プラン・50プラン)」とはそれぞれどう違うのですか?

それぞれの概要は次の通りです。

<地震保険>
地震保険とは、火災保険とは別にご加入いただく保険です。地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする火災・損壊・埋没・流失によって保険の対象である建物または家財が損害を受け、その損害の程度の認定が一部損以上となった場合に支払われます。
※お客さまのご希望により火災保険金額の30%~50%の範囲で地震保険金額を設定し、火災保険にセットして契約していただきます。ただし、地震保険金額は、同一敷地内、同一被保険者で、保険の対象が建物の場合は5,000万円限度、保険の対象が家財の場合は1,000万円限度となります。

<地震火災費用保険金>
地震火災費用とは、火災保険にセットされている費用保険金のことで、地震等を原因とする火災により保険の対象が損害を受け、その損害の状況が次のいずれかに該当する場合に支払われます。地震保険に加入していなくてもお支払いの対象となります。
ただし、地震等により保険の対象が滅失(建物が倒壊した場合等)した後に火災による損害が生じた場合を除きます。

 ・保険の対象である建物または保険の対象である家財を収容する建物が半焼以上となった場合
 ・保険の対象である家財が全焼した場合


<地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)>
地震保険を限度額まで加入いただいた契約に追加でセットできる特約です。地震保険では火災保険金額の50%を限度として補償しますが、地震火災特約は地震等による火災損害の補償をさらに充実させます。
地震等により保険の対象である建物または家財が損害を受け、その損害の状況が次のいずれかに該当する場合に支払われます。
ただし、地震等により保険の対象が滅失(建物が倒壊した場合等)した後に火災による損害が生じた場合を除きます。

  ・保険の対象である建物または保険の対象である家財を収容する建物が半焼以上となったとき
  ・保険の対象である家財が全焼したとき

  なお、地震保険金額を限度額いっぱいでご契約された場合に追加でセットできる特約です。そのため、地震保険および地震火災費用と合わせて、それぞれ最大で以下のとおりの補償となります。

  ◆地震火災30プランをセットした場合
     最大で火災保険金額×80%
     (地震保険から50%+地震火災費用と地震火災30プランを合わせて30%)

  ◆地震火災50プランをセットした場合
     最大で火災保険金額×100%
     (地震保険から50%+地震火災費用と地震火災50プランを合わせて50%)   

※ご契約いただく主契約の条件などによっては、この特約をセットしていただけない場合もございます。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。



■関連ページ:
地震火災特約(地震火災30プラン・地震火災50プラン)
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。