新・海外旅行保険【off!(オフ)】
補償の内容

航空機遅延費用

帰国便が遅れたので、国内線への乗継ができませんでした。航空機遅延費用で補償されますか?
はい、帰国便が遅れたために国内線の乗継予定便に搭乗できなかったことで、お客さまが負担された費用も航空機遅延費用等補償特約の補償の対象となります。

ただし、乗継地への到着時刻から6時間以内に代替機の利用ができた場合は、補償の対象にはなりません。
補償の対象となる主な費用は、宿泊施設の客室料、食事代、国際電話料等通信費、目的地において提供を受けることを予定していたが、提供を受けることができなかった旅行サービスの取消料、交通費(宿泊施設への移動に要するタクシー代等の費用等)などです。
この回答は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
こちらのページについて、ご意見・ご要望等があればご記入をお願いします。

このフォームでいただいたご質問への回答はしておりません。
個別のご質問につきましてはお問い合わせフォームをご利用ください。

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。