賃貸住宅入居者火災保険『THE 家財の保険』
商品・補償内容

火災保険について

明記物件とは具体的にどのようなものですか?
明記物件とは、貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董(こっとう)、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものや、稿本や設計書などのことをいいます。

明記物件はご契約時にご申告いただき、保険証券に明記されなければ補償されませんので、ご注意ください。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。