賃貸住宅入居者火災保険『THE 家財の保険』
地震保険

地震保険について

薄型テレビが壊れました。家財を保険の対象として地震保険に加入していますが、地震保険金の支払い対象になりますか?

テレビのみが壊れた場合など、損害の額が下記「一部損」の認定基準に至らない場合は、保険金は支払われません。
地震によりご契約の家財に損害があった場合、損害の認定基準とお支払いする保険金は以下のとおりです。

※以下の内容は、平成29年1月1日以降保険始期の地震保険契約に適用されます。

 【家財の損害認定基準】
・全損:損害の額が家財全体の時価額の80%以上となった場合
・大半損:損害の額が家財全体の時価額の60%以上80%未満となった場合
・小半損:損害の額が家財全体の時価額の30%以上60%未満となった場合
・一部損:損害の額が家財全体の時価額の10%以上30%未満となった場合

 【お支払いする保険金の額】
・全損:家財の地震保険金額(*)の100%(時価額が限度)
・大半損:家財の地震保険金額(*)の60%(時価額の60%が限度)
・小半損:家財の地震保険金額(*)の30%(時価額の30%が限度)
・一部損:家財の地震保険金額(*)の5%(時価額の5%が限度)

*地震保険金額は、保険証券をご確認ください。
  保険証券がお手元にない場合は、カスタマーセンター 0120-238-381(平日:午前9時~午後8時、土日祝日:午前9時~午後5時)までお問い合わせください。

※お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金額総額が、11.3兆円を超える場合、算出された支払保険金総額に対する11.3兆円の割合によって削減されることがあります(平成28年11月現在)。

※72時間以内に生じた2以上の地震等はこれらを一括して1回とみなします。



■関連ページ:
地震保険-補償内容
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。