ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
お葬式
基本知識
お通夜への参列の仕方とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/02/24

Q. お通夜への参列の仕方とは?

突然のことですが、明日お通夜に参列することになりました。受付から通夜振舞いの流れや、お通夜に参列する際の注意点やマナーについて教えてください。

A. 通夜振る舞いは最後の食事会。少量でもいただくのがマナー。

もともと通夜とは、近親者が集まって、故人を偲んで食事をしたり、一晩中共に過ごす意味で行われたものでした。現代では読経から通夜ぶるまいまで2時間程度で終わる「半通夜」を、「通夜の儀」として行うのが一般的です。

■会場へ
通夜の会場へ向かう途中、駅から式場までの間で道案内をしている人を見かけたら、軽く会釈をしておきましょう。

■受付で
葬儀式場に到着したら受付をすませます。袱紗(ふくさ)からお香典を出し、芳名帳に氏名を記入します。その際、小声で「この度は誠にご愁傷様でございます」と一言添えると良いとされていますが、通常は深く一礼する程度でも大丈夫です。携帯電話は電源を切るかマナーモードにしておきましょう。

■着席
式場内では、スタッフの指示に従い着席をします。他の人に気を遣って着席を遠慮する人もいますが、席が空いていれば順につめて着席のうえ開式を待つのが礼儀です。席がない場合は、邪魔にならない場所かスタッフが指示する場所で立って待ちます。遺族に声をかけるのはかまいませんが、開式前なので簡単に済ませます。

■開式~閉式・僧侶退場
葬儀・告別式が始まったら、しばらくして焼香がはじまります。焼香後は、スタッフの案内に従って席に戻るか、通夜ぶるまいの席に移動します。

■閉式後
一般参列者に続いて、遺族・親戚が通夜ぶるまいの席へ移動します。故人との最後の食事の席になりますので、少しでも箸をつけるのがマナーです。遺族との会話は故人にまつわる思い出話を中心とし、あまり関係のない話題をもってくることは避けます。また、あまり長居しすぎないように注意しましょう。タイミングを見計らって退席します。

情報提供:葬儀・お墓コンサルタント 吉川美津子

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP