ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
お葬式
マナー
キリスト教式葬儀のマナーとは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/02/24

Q. キリスト教式葬儀のマナーとは?

突然のことですが、キリスト教式のお葬式に参列することになりました。キリスト教式のお葬式の作法やマナーについて教えてください。

A. 起立や黙祷など、周囲に配慮し失礼のないように。

キリスト教では、通夜、葬儀・告別式について、カトリックではそれぞれ「通夜」、「葬儀ミサ(ことばの祭儀)・告別式」、プロテスタントでは「前夜式(通夜式、通夜の祈り)」「葬儀式(葬送式、記念礼拝)」といった言葉が使われています。

カトリックとプロテスタント、他の諸派によって進行方法は異なりますが、おおむね聖書朗読、説教、讃美歌などで構成されています。日本のキリスト教葬儀は、地域の習俗や文化に配慮されているのが特徴で、弔辞(お別れの言葉)、弔電、お別れの儀、遺族挨拶など一般的な仏式葬儀の進行に準じた形で行われ、お別れは焼香に変わって献花が行われるケースが多いようです(カトリックでは焼香も行われることもあります)。

弔辞(お別れの言葉)を依頼されたら、故人に向かってではなく、遺族への慰めと励ましを重点に内容を考えましょう。なお、祭壇に向かってではなく、遺族や参列者側を向いて行う形になります。「供養」「冥福」「逝去」といった言葉はキリスト教では使用しないほうがいいとされていますので要注意です。

キリスト教葬儀の場合は、式の中で参列者が全員で讃美歌を歌ったり、十字を切ったり、お祈りするシーンが何度もあります。教会に馴染みのない人は戸惑ってしまいますが、信者でなければ手順や作法がわからないのは当然ですので、無理に合わせる必要はありません。ただし、弔意はきちんと表したいもの。起立の際は一緒に立つ、祈りの時は黙祷するなどの配慮は必要です。

情報提供:葬儀・お墓コンサルタント 吉川美津子

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP