ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
お葬式
マナー
献花の仕方、マナーとは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/02/24

Q. 献花の仕方、マナーとは?

突然のことですが、キリスト教式のお葬式に参列することになりました。献花があるということですが、やり方がわかりません。キリスト教式のお葬式での献花の仕方、マナーについて教えてください。

A. 故人に捧げるように、茎を祭壇側に向けて献花をします。

日本では、キリスト教カトリックでもプロテスタントでも、献花でお別れをするケースが多くなっています(カトリックの場合は焼香をすることもあります)。

献花の方法に、もともと決まったやり方はなかったのですが、昨今ではマナー本などで「茎が祭壇に向くように置くべき」と提唱されていることから、日本では茎が祭壇の方に向くように置くことが標準マナーとして定着しています。

[ 1 ]献花台へ進みます
左手に茎部分がくるように渡されるので、両手で花を受け取り、祭壇に一礼して献花台の方に進みます。その際、手荷物は置く場所がなければ持参したままでも大丈夫です。

[ 2 ]黙祷します
90度右に回転し、茎が祭壇のほうに向くように献花台に置き、黙祷します。
黙祷の時、十字を切ることも多いのですが、信者でない場合は十字を切る必要はありません。

[ 3 ]一礼します
一歩下がって、遺族のほうを向き一礼します。

※キリスト教葬儀での献花は日本独特の風習のため、教会によってはまったく行われないこともあります。

情報提供:葬儀・お墓コンサルタント 吉川美津子

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP