ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
その他
結婚式・披露宴の余興を依頼された時の注意点とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/07/23

Q. 結婚式・披露宴の余興を依頼された時の注意点とは?

学生時代からの親友の結婚が決まりました。披露宴での余興を頼まれ快諾したものの、どのように進めてよいかわかりません。結婚披露宴での余興をする際の注意点を教えてください。

A. お祝いの気持ちが伝わる、ゲスト全員が楽しめる内容に。

披露宴のプログラムに組み込まれる「余興」。その多くはゲストの方が、新郎新婦のために披露宴が盛り上がる出し物をします。もし、新郎新婦に余興を頼まれた場合は、快く引き受けるようにしましょう。

まず、余興の時間ですが、10~15分程度でまとめるとちょうどよいボリュームになります。内容はこれという決まりはありませんが、お祝いの気持ちを込めたものにすること、縁起の悪いことは盛り込まないようにすることがポイントです。手紙を読んだり、オリジナル動画を作成したり、カラオケでお祝いの歌を歌ったりするケースが一般的です。

特に過去の恋愛に関するネタはご法度。触れないことがマナーです。また、内輪ネタになりすぎると、他のゲストが理解できず、楽しい時間にはなりません。その場にいる方たち全員が楽しめる内容にすることが大切です。

音楽や映像を使う場合は、事前に式場で動作確認が必要になります。新郎新婦を通して担当者と連絡をとる、または直接担当者に連絡して、事前に確認しておきましょう。着替えをする内容の場合は、更衣室などの施設も確認しておきましょう。当日実際の会場でリハーサルがしたいという場合は、式場にその旨を伝えて、時間を確保してもらう必要があります。披露宴の準備をしている中でのリハーサルになるので、当日いきなり行くのはやめましょう。

出番が近付くと、会場の担当者から声が掛かります。着替えや準備は逆算して準備しましょう。披露宴の場にいることもマナーなので、あまり長く席を外すのは避けましょう。

情報提供:ウエディングナビゲーター 清水恩

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP