ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
その他
結婚式・披露宴で主賓が欠席する時の対処方法とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/07/23

Q. 結婚式・披露宴で主賓が欠席する時の対処方法とは?

結婚披露宴を来週に控えています。やむを得ない理由で、主賓として招待していたゲストが欠席されることになりました。主賓挨拶や乾杯の発声を依頼していた場合、どのように対処すればいいでしょうか?主賓が欠席した場合の対処方法について教えてください。

A. 代わりの方にすぐに依頼して式場や司会者にも早めに伝えましょう。

主賓の方から事前に欠席を知らせていただいた場合は、ご出席いただける予定の次席の上司の方に祝辞などを依頼します。欠席されるご主賓の方にもお口添えいただくと、引き受けていただきやすいでしょう。

他に主賓格の方がいない場合は、相手側のもう1人の主賓の方に全体を代表していただくという方法もあります。ただし、新婦側の場合は恐縮される場合もあるので、事情をお伝えしてお引き受けいただくようにしましょう。

最近は主賓の挨拶をいただかないケースも増えていますので、無理にお願いする必要はないかもしれません。乾杯の挨拶の際に、一言挨拶をいただくというケースもあります。

■お祝いをいただいた場合
後日、ご欠席された主賓の方からご祝儀をいただいた場合は、「内祝い」を準備して、挙式後早めにお渡しします。内祝いとは、結婚式に参列しない方から結婚のお祝いを頂いた場合に、そのお礼として品物を贈ることをいいます。

引出物を既に手配してしまっている場合は、その引出物をそのまま内祝いとしてお渡ししても問題ありません。内祝いにのし紙を掛ける場合は、引出物とは異なる「内祝」の表書きになるので、注意しましょう。

●内祝いの渡し方はこちら
http://faq.sjnk.dga.jp/kankon/faq_detail.html?id=700013

また、主賓の欠席が分かった時点で、式場にも変更を伝えます。特に司会者は紹介内容など台本の準備を進めていますので、代わりに挨拶をしてくださる方の肩書や紹介方法などを連絡し、滞りなく式が進められるようにしましょう。

情報提供:ウエディングナビゲーター 清水恩

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP