ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
その他
やむを得ず結婚式・披露宴を途中退席する時の対処方法とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

14/08/01

Q. やむを得ず結婚式・披露宴を途中退席する時の対処方法とは?

今週末に、結婚式への参列を控えておりますが、子どもがインフルエンザになってしまい、もしかすると途中で退席をするかもしれません。結婚式・披露宴でやむを得ず途中退席する場合の対処方法について教えてください。

A. 周りが心配することのないよう、事前に伝えておきましょう。

黙って席を立ってしまっては、新郎新婦や同テーブルの方に、体調がすぐれないのか?など、不要な心配をかけてしまうかもしれません。余計な心配をさせないように、また進行を妨げないよう、配慮をしましょう。

■事前に途中退席が解っている場合は
新郎・新婦にその旨を連絡し、何時ごろ退席の予定かも伝えておきましょう。新郎・新婦としても、引き出物を渡すタイミングなど、配慮したい事があるかもしれません。途中退席は残念ですが、そのような状態でも、お祝いに駆けつけて下さることを、心から感謝されるはずです。

■当日わかった場合
新郎新婦は当日は忙しくて、個別対応をする余裕はないかもしれません。当日、会場の担当者に途中退席の旨をお伝えするとよいでしょう。

■同テーブルの親しい方にもお伝えしておきましょう。
同じテーブルの方も、離席をしたまま戻ってこないと、具合が悪くなったのでは‥と心配されるかもしれません。親しい方がそのテーブルにいる場合には、その方に途中退席の旨伝えておきましょう。また、お一人で参加をされている場合も、両隣の方には、その旨お話しをされておくと、よいでしょう。

■退席のタイミング
なるべく、目立たないように退席したいものです。開宴から30分くらいの乾杯までの時間は、退席すると目立ちますので避けたいですね。また、スピーチをしている最中や、締めの花束贈呈から謝辞を行うタイミングでの退席も避けましょう。会食歓談中、または新郎新婦がテーブルにご挨拶周りをしている最中など、離席をしても目立たないタイミングで退席するようにしましょう。

情報提供:結婚ジャーナリスト ひぐちまり

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP