ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
マナー
会費制の披露宴の際のお祝いとは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

15/07/23

Q. 会費制の披露宴の際のお祝いとは?

友人の結婚披露宴に招待されたのですが、披露宴の招待状には、「会費制」と書いてあります。会費制の披露宴の場合、お祝いはどのようにすればよいのか教えてください。会費はご祝儀袋に入れた方がよいのでしょうか?

A. お祝いにお金を包むのもいいですが、事前にプレゼントを贈ってもOK!

最近の結婚式のスタイルは多様化しており、親族だけで挙式・披露宴、海外で挙式、友人だけの1.5次会など様々です。

披露宴が会費制の場合、事前に伝えられた会費ピッタリを用意するようにしましょう。受付ではお釣りも用意していることがほとんどですが、マナーとして会費分を用意しておく方がスマートです。

また、受付ではその場で受け取った金額を確認するので、会費をご祝儀袋にいれる必要はありません。ただし、お札はきれいなものを用意していくのがいいので、封筒などに分けて用意して持参しましょう。

また、会費とは別にお祝い金(ご祝儀)を用意するなら、1万円程度が相場とされています。ご祝儀は正式には事前に本人に渡すようにしましょう。どうしても披露宴、結婚式当日に渡す場合は、受付係に会費と一緒に出して、新郎新婦に渡してもらうようにお願いしてもよいでしょう。

ご祝儀ももちろん喜ばれますが、会費制のウェディングを開く新郎新婦は、ゲストに負担をかけたくないという思いから企画している場合も多いもの。お祝いはお金ではなく、何か物をプレゼントにしてもいいかもしれません。新郎新婦に欲しいものを聞いて、それを贈ってもいいでしょう。

また、友人と共同で新居用の家電など大きなものを贈っても喜ばれるかもしれませんが、他の人と被ったり、既に新しいものを購入している場合もあるので、事前に新郎新婦に確認することをお勧めします。

情報提供:ウエディングナビゲーター 清水恩

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP