ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
式準備
新婦が妊娠中の場合の結婚式の注意点とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

14/05/21

Q. 新婦が妊娠中の場合の結婚式の注意点とは?

今度、結婚式を控えているのですが、現在私は妊娠中です。妊娠中の結婚式について注意する点を教えて下さい。

A. 新婦の体調が最優先。無理のない進行にしましょう。

マタニティウェディングの場合、最優先すべきことは新婦の体調です。また、おめでたの報告を挙式や披露宴の中でするかどうか?するならどのタイミングでするのか?も両家で話して決めておきましょう。

ゲストの皆様から、生まれてくる子どもへも祝福をもらうなど、マタニティだからこそできるウェディングを是非楽しんで下さいね。

■会場選び
マタニティウェディングで多いのは、おめでたがわかった2~3カ月目で会場に申し込み、安定期の5~6カ月前後で結婚式を挙げるというスケジュールです。短期間で準備をしますので、ある程度パックプランになっているものを上手に活用すると新婦への負担も少なくお勧めです。

新婦のメイクの場所は他の方と一緒よりは個室のほうが、周りを気にせず、ゆったりと準備ができます。お色直しをする場合などにちょっと休憩をしたり、くつろげる場所があると、当日も安心ですので、会場見学の際には合わせてチェックしてみて下さい。

マタニティウェディングが一般的になった昨今では、多くの会場が便利でお得な「おめでた婚」プランを用意していますので、気になる会場に問い合わせてみましょう。

■ドレス選び
結婚式でドレスを着ている時間は結構長いもの。着心地のよいドレスを選びたいものです。ドレスサロンでマタニティに力を入れているサロンや、マタニティ専門のドレスサロンもあります。また当日の靴についてはヒールが高すぎず安定感があるかをしっかり確認しましょう。

妊娠中のウェディングドレスの選び方はこちらでご確認いただけます。
http://faq.sjnk.dga.jp/kankon/faq_detail.html?id=700034

■事前準備
披露宴の進行は当日新婦に無理がないように、ゆったりめにしましょう。お二人が動き回るよりは、皆さんにメインテーブルにいらしていただいて一緒に写真を撮るなどするとよいでしょう。

事前に苦手なにおいや食べ物があれば、会場によっては花嫁の食事を変更してくれるところもありますので相談してみましょう。披露宴会場を禁煙にして他の場所に喫煙コーナーを設けるのもいいですね。

万が一体調が悪くなった場合、対応できる近くの病院を調べておくと安心。念のため、当日の持ち物に、母子手帳や健康保険証も入れておきましょう。

■当日のために
披露宴中に疲れたり、体調が悪くなったり、トイレに行きたい場合などは我慢せず、近くにいる介添え人かスタッフに声をかけて席をはずすなどしましょう。座っている時間が長いので、体に負担がないようにクッションなど用意しておくといいでしょう。

乾杯の時は、シャンパンのグラスにジンジャエールを用意してもらうと、周りからはシャンパンに見えて絵になるのでお勧めです。

情報提供:結婚ジャーナリスト ひぐちまり

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP