ジャパンダChは収納・ドライブ・貧血・トラブル・冠婚葬祭・マネー・海外旅行に関する情報サイトです。

ジャパンダCh総合トップ
冠婚葬祭Ch トップ
専門家によるアドバイス
結婚
式準備
披露宴でのウェルカムスピーチ(新郎挨拶)の方法とは?

専門家によるアドバイス

Q&Aを検索する

検索

14/05/21

Q. 披露宴でのウェルカムスピーチ(新郎挨拶)の方法とは?

結婚披露宴の際、ゲストへの感謝の気持ちをこめてウェルカムスピーチ(新郎挨拶)をしたいと考えています。どのようなスピーチが相応しいでしょうか?ウェルカムスピーチ(新郎挨拶)のコツや文例などを教えて下さい。

A. 感謝の気持ちを込めて、自分の言葉で参列者を迎えましょう。

ウェルカムスピーチとは、披露宴の始まりにその日の主役である新郎新婦が自分の言葉で参列者を迎えるものです。結婚式のスタイルが多様化しているため、年配のゲストの中には新しいスタイルに戸惑いを感じる人もいるかもしれません。

新郎新婦自らが、今日のパーティへの想いや趣旨を伝えることで、ゲストに披露宴を楽しんでもらえるといいですね。多くの場合は、新郎がスピーチをしますが、新婦が最後に一言添える場合もあります。

■印象が決まる、文章と話し方の3つのポイント

[ ポイント1 ]
明るく、はきはきと話しましょう。
参列者は新郎新婦のお祝いをしに来てくれている、お二人の応援団です。上手にやろうとするよりも、いらした方に向けて、心から感謝や喜びを伝えることが大切です。その場の雰囲気が明るく楽しい雰囲気になるように心がけましょう。

[ ポイント2 ]
内容は簡潔に1~2分でまとめる。
披露宴の始まりですし、このあとに主賓のスピーチへ続きますので、ウェルカムスピーチは簡潔に1~2分で終わるように準備をしましょう。

[ ポイント3 ]
二人の想いを伝える。
たとえスピーチをするのが新郎だけであっても、結婚式は二人で準備をし、ゲストを迎えています。スピーチのメッセージは 「私」からのメッセージでなく、「私達二人」からのメッセージにしましょう。

■スピーチは3ステップで考えよう
ステップ1は、参列者への感謝。ステップ2は報告やこだわり。挙式の報告や、今日を迎えられた悦び、披露宴への想いなどになります。ステップ3は結び。ここではもてなしの一言を添えるといいでしょう。
ゲストの顔ぶれと、お二人がどんな雰囲気にしたいかを考えて準備しましょう。

■新郎挨拶スピーチ文例1 基本編
皆様、本日はご多用中にもかかわらず、私たちの結婚披露宴にお越し頂きまして、まことにありがとうございます。

私と○○(妻)は、先ほど○○神社にて無事挙式を挙げましたことを報告いたします。
厳かな雰囲気の中で親族に見守られての挙式に、喜びを感じるとともに背筋がのびる思いがしました。
こうして私達が晴れて夫婦となれましたのも、私達を支えてくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

皆様への感謝の気持ちを伝えたいと、今日この日の準備を、○○(妻)と一緒に進めてまいりました。短い時間ではございますが、楽しく過ごして頂ければと思っております。本日はどうぞよろしくお願い致します。

■新郎挨拶スピーチ文例2 親族の披露宴編
皆様、本日は朝早くから、また遠方より私達二人の門出となる結婚式においで下さいまして、ありがとうございます。

まずこの喜びを私と○○(妻)がそれぞれ、幼かった時からずっと見守り応援してくださった叔父様、叔母様、一緒に遊んでたくさんの思い出を作ってくれた従妹の皆さんに伝えたいと、この結婚披露宴の準備を進めてまいりました。

堅苦しいことは抜きにして、皆様とともに和やかに楽しいひと時を過ごしたいと思っております。
それでは、これより披露宴を進めてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

情報提供:結婚ジャーナリスト ひぐちまり

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

関連するオススメのアドバイス

今後の「トラブル解決術」改善の参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いいたします。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

人気のワードから検索

ページTOP